岩崎病院について

院長のごあいさつ

院長 岩崎秀生

岩崎病院は昭和49年に岩崎内科産婦人科医院として診療を開始し、昭和56年増床とともに岩崎病院となり、さらに増改築を経て平成16年現在の病院となりました。この間多くの新しい命の誕生をお手伝いし、地域の皆様の健康の維持・増進に勤めてまいりました。近年の医療事情、特に産科を取り巻く環境の変化は、当院の果たす役割がいっそう重要なものとなってきたと考えます。お産はご家族の新しい命を迎える大切なイベントとして、家族が参加できるお産を暖かい雰囲気の中、最新の医療技術、医療機器で安心、安全であるようお手伝いしたいと思います。

最近岩崎病院はいくつかの教育機関からの研修医、助産学生、看護学生を受け入れ、研修、学習の場を提供しております。これは、新しく医療に携わろうとする若い方たちに対する医学教育は私達先輩医療者としての重要な責任であると考えているからです。学生等が医療現場に参加することによって患者様の受けられる医療が変わることはありませんのでご理解ご協力をいただけるよう御願いいたします。

院長 医学博士 岩崎 秀生

ドクターのご紹介

院長 医学博士 岩崎 秀生

茨城県出身、茨城県立水戸第一高等学校卒。筑波大学医学専門学群卒。筑波大学大学院医学研究科終了。医学博士。
筑波大学臨床医学系講師(消化器・移植)、北茨城市立病院外科医長歴任。
日本医師会認定スポーツドクター

副院長 岩崎 まり子

東京都出身。私立櫻蔭高等学校卒。筑波大学医学専門学群卒。筑波大学大学院医学研究科終了。医学博士。
茨城県立中央病院医長(産婦人科)、筑波大学専門学群臨床助教授歴任。
現在獨協医科大学産婦人科所属(非常勤)。
日本産科婦人科学会専門医、母体保護法指定医、日本医師会認定スポーツドクター。

理事 岩崎 瑠璃子

(内容省略)医学博士、日本産科婦人科学会専門医、母体保護法指定医。

病院外観

  • 大きなガラスブロックの壁を持つ明るい建物。
  • 病院と駐車場
  • エントランス

病院内観

  • ナースセンター
  • 寒い冬にはうれしい床暖房の効いた待合室
  • 診察室側の通路

周辺環境

大きなガラスブロックの壁を持つ明るい建物。玄関を入ると淡いパステルカラーで統一された温かみのある空間。私たちの医療にかける思いを女性建築家がかたちにしてくれました。寒い冬にはうれしい床暖房の効いた待合室、個室の多い入院設備、電子カルテに統合された最新の医療機器、緊急手術に対応できる清潔な手術室を備えています。

  • 住所〒310-0852 茨城県水戸市笠原町1664-2
  • 診療科目産科・婦人科・内科・外科・小児科
  • 受付時間8:30~11:30/13:30~16:30(土・日・祝休日)
  • 電話029-241-8700

駐車場について

  • 病院側には11台分の駐車スペースを完備
  • 道路を挟んだ向かいには南駐車場ございます
  • 南駐車場は33台の駐車スペースを完備

Top Page